キリスト教の葬儀のマナーについて

仏教とキリスト教式の葬儀は異なる点がたくさんあります

ご遺族として葬儀を執り行う立場になることも残念ながらあることと思いますが、葬儀に参列する立場になることもやはり残念ながらあります。
社会人になると会社関係での葬儀の参列が必要になることも多くなり、葬儀に参列する以上失礼のないようにふるまうことも必要になってきます。
例えば日本では仏式で葬儀が行われることが主ではありますが、キリスト教式での葬儀に参列することもあるかもしれません。
そのようなとき、どのように行動するのが良いのか、知っておくことも必要になるかもしれません。

キリスト教の葬儀のマナーについて

キリスト教にはカトリックとプロテスタントという大きな2つが存在しており、それぞれに葬儀の流れも異なるのだそうです。
カトリックの考え方としては「故人は神にゆだねられキリストの再臨と死者の復活」を願うために行うのが葬儀である、という考えです。葬儀と告別式は別に、故人の所属していた教会で行われることが主流だそうです。
弔辞や弔電は、その他の宗教と同じように紹介されますので、お送りしても失礼になることはないでしょう。
焼香ではなく献花を行います。

プロテスタントの流れで異なる点は、弔辞や弔電は挨拶というよりも「故人との思い出を語る」といった趣向で行われます。

また、仏式では香典をお包みしますが、キリスト教式では「御花料」としてお包みします。
白無地の封筒もしくは百合の花、十字架が描かれたのし袋を使用し、表書きは「御花料」としフルネームを記載して葬儀の受付の方にお渡しします。