神式・神道の葬儀のマナーについて

神道式の葬儀のマナーについて

仏教とは違い、神道式での葬儀というのは故人を極楽浄土にお送りするのではなく、家の守り神としてとどめるための儀式になっています。
仏教ではお寺で葬儀を行うことも多いのですが、神道式では神の領域に死(死は穢れとされています)を持ち込むことは良くないということで、神社で葬儀を行うことはありません。
葬儀は「神葬祭」と呼び、お通夜にあたるものが1日目に執り行われます。お通夜とともに遷霊祭というものを行います。
神葬祭2日目には葬場祭と帰家祭を行い、火葬、埋葬、自宅へ戻り直会という神職やお世話になった方がたを招いた宴を行うのです。

神式の葬儀のマナーについて

神道式と神式というのは同じと考えても差し支えありませんが、人が死ぬ=帰幽とあらわし、神葬祭を行います。
神道式と少々違うポイントとしては神道式では「神棚封じ」という儀式を行いますが、神式では「帰幽奉告」として、神社や神棚、祖霊舎に故人の死を奉告し、神棚の前に白い紙を下げます。
通夜祭・遷霊祭は神道式と同様に行い、葬場祭・火葬祭・帰家祭および直会も同様に執り行います。

神道式・神式ともに仏教に基づいて行う仏式の葬儀とは異なる点もありますから、葬儀に参列する立場になったときには気を付けておくとよいでしょう。
数珠は使いません。服装は一般的な喪服でよいのですが不祝儀袋には蓮の花が描かれたものは避けましょう。水引は黒と白の結びきりを選び、表書きとしては「御霊前・御神前・御玉串料」と記載しフルネームを記載します。

最新記事